生活相談センターさぽーと生活相談センターさぽーと

成年後見制度

成年後見制度とはどんな制度ですか?

認知症や知的、精神面の障がいにより、判断能力が不十分となった方が、財産侵害を受けたり、人としての尊厳が損なわれないよう、法律面や生活面で支援する身近な仕組みです。

本人の意思を尊重し、本人の希望に沿った支援が受けられます。

 

このような時に利用できます。

 

・将来の不安に備えたい
ひとり暮らしの老後を安心して過ごしたい。今後、病気になったら高齢者施設管理をへの入所契約や費用の支払いをしてもらいたい。

・自分のお金の管理ができない
認知症が進み金銭の管理や財産管理ができなくなってきました。誰かにしてもらいたい。

・悪徳商法の被害にあっている
ひとり暮らしで軽度の認知症があり、訪問販売で高額な商品を購入してしまいます。なんとか悪徳商法の被害にあわないようにしたい。

・親戚の支援が受けられない
知的障がいがあり、同居の親が亡くなりグループホームへ入居することになりました。身寄りがないため、相続や今後の金銭管理、施設の入所手続きなどの支援をしてほしい。

続きはこちら⇒成年後見制度(PDFファイル)

 

募金百貨店プロジェクト

各務原市社会福祉協議会ホームページ活用MAP

お悩み・目的から探そう!

わたしのお福分け事業案内

あなたのちょっとした幸せをお裾分けしてみませんか?多くのお便りをお待ちしております。

詳しくはこちら

各務原市社会福祉協議会Facebook

  • 申請書ダウンロード
  • 赤い羽根共同募金
  • 寄付金 受付

求人情報

ページトップ

pagetop