ボランティアボランティア

こどもたちのみなさんへ(ふくしってなんだろう)

ふくし(福祉)ってなんだろう。

 「」だんの

 「」らしを

 「」あわせに

この三つの文章の頭文字をつなげると「ふくし」になりますね。

言葉遊びだけではなく、この文章のように、ふくし(福祉)とは、特定のだれかだけではなく、「みんなが幸せになれるよう」に取り組む活動や仕組みをいいます。

いろいろな施策(市役所が行う公的サービス)や福祉サービス、ボランティア活動、助けあい活動などがあります。

ボランティアってなんだろう。

「ふ」だんの 「く」らしを 「し」あわせに するために、アイディアを出し合ったり、手や足を使って汗をかいたりして、『生活を良くしよう、困ったことを解決しよう』とする活動です。

ボランティアの5つの特徴

自主性・自発性

誰かに言われて仕方なく…ではなく、「自分から進んで行う」活動です。

無償性

お金やほめられること、評価されることを期待する活動ではありません。

社会性・公益性

地域や社会のための活動です。人との出会いが地域の大きな輪に。

継続性

少しづつ、できる範囲で、コツコツ続けるのが『コツ』。

創造性と個別性

ひらめきを活動にしたり、〇〇さんのためにする活動もgood!

ボランティアの楽しさ

ボランティアとは、誰かのためだけでなく、自分のためにもなる活動です。
それに加えて、楽しんで活動できる、知識や技術が身につくなど、たくさんの面白さがつまっています。

さぁ。ボランティアをはじめよう!

ポイント1)身近なところから、できることを探してみよう!

それには、『自分の住んでいる、まちや地域を知る。』ことが大事です。

・自分たちが使っている道路や学校…ゴミ拾いや危険な場所の点検

・公園やよく使う施設…清掃活動や施設の行事に参加

・ご近所さんの顔はわかるかな?…あいさつ運動や声かけ運動

ポイント2)目的をもとう

・何かに役立ちたい気持ちをどう活かすかを考えよう。

そのためには、普段の生活の中で、みんなが困っていることや、こんなことができたら楽しいだろうと思いをめぐらすよね。活動のめあてや目的、目標をもとう。難しければ、お友だちどおしで話し合うのもいいよね。

 ポイント3)計画を立てよう!

・どうしたら、自分が楽しんでボランティアができるかを考えよう。

国語の時間に作文を書くように、キーワード「5W1H」で計画を立ててみよう!

・だれと(仲間・Who)

・いつ(期間:When)

・どこで(場所:Where)

・なにを(問題:What)

・どのように(方法:How)

・なぜ、どうして(目的:Why)

募金百貨店プロジェクト

各務原市社会福祉協議会ホームページ活用MAP

お悩み・目的から探そう!

わたしのお福分け事業案内

あなたのちょっとした幸せをお裾分けしてみませんか?多くのお便りをお待ちしております。

詳しくはこちら

各務原市社会福祉協議会Facebook

  • 申請書ダウンロード
  • 赤い羽根共同募金
  • 寄付金 受付

求人情報

ページトップ

pagetop